私たちの歴史

スゥールス MSXIは、オーストラリア メルボルンを拠点としており、
世界をリードするビジネスプロセスアウトソーシング会社である
MSXインターナショナル (MSXI)の子会社です。
この新しい組織は世界80ヶ国に6,000人以上の従業員を持っております。 

スゥールス MSXIには豊かで誇り高い歴史があります。
これからも成長を続け、大切なクライアントへ計測可能な成果をもたらします。 

スゥールス MSXIはもともと、1980年代初期に南アフリカで設立され、
ロナルド・スゥールス アンド アソシエイティズという社名で、英国に拠点を置く
同名会社の系列会社として貿易を行なっておりました。
1986年には、自動車金融の利権をもつ南アフリカの主要な金融機関である
ウェスバンクが、ディーラーパートナーに対するファイナンスと保険のトレーニング
サポートを提供する目的でスゥールス MSXIに投資をしました。 

これらのディーラーと密接な取引をもちながら、彼らのビジネス的な痛手を
サポートしていくうちに、スゥールス MSXIは、徐々にユニークな業界独自の
パフォーマンス改善ソリューションを構築致しました。
特にファイナシャルベンチマーキング、収益向上においては、早期に頭角を現し、
この分野におけるリーダーとしてスゥールス MSXIのソリューションの地位が
確立されました。 

その後20年間スゥールスMSXIは、オーストラリア、中国、インド、中東およびASEAN
地域に活動を拡大しました。
その過程で、M&Aを介して経営権も変わってゆきました。

現在、スゥールス MSXIは600人以上の従業員を持っており、
アジア太平洋、中東およびアフリカ地域におけるオートモーティブ リテール
ソリューションの主要プロバイダです。

詳細はこちらをクリックしてください!